あなたはクリプトキティを所有していますか?

著者:ANAHEIM

あなたはクリプトキティを所有していますか?


あなたはクリプトキティを所有していますか?
イーサリアムブロックチェーン上に構築された革新的な
ゲームアプリケーションであるクリプトキティは
ブロックチェーン業界に革命を起こす可能性のある
イーサリアムキラーアプリになる兆しを見せています
2017年12月に発売されて以来暗号通貨猫のグッズゲームは
売上高1,200万ドル以上を処理しており
イーサリアムブロックチェーンで構築された
最も成功した分散アプリケーションの1つになっています

クリプトキティの成功は多くの人々にとって驚くべきことではありません
分散型ゲームは驚異的な成功を収めておりEtherscanによれば2017年12月のイーサリアムの
取引の30%までを占めています
とても人気があったためイーサリアムの堅牢なプラットフォームを詰まらせていました。

2018年にクリプトキティはシリーズAの資金調達ラウンドで1,200万ドルを調達したため
その勢いを維持しているようです
最新の資金調達はベンチャー企業であるUnion Square Venturesと
Andreessen Horowitz (それぞれTwitterとFacebookの初期投資家であった)からもたらされます

クリプトキティが安価なアバターを持った単なるオンラインゲームだったと思ったら
間違っています
逆にデジタル子猫は高価で5匹の希少な子猫が1匹ずつ10万ドルで購入されています
2017年12月2日に最初に販売されたジェネシスの子猫は120,000ドルです
クリプトキティは高額の価格表があるためアナリストや研究者から多くの批判を受けています
アナリストや研究者はこのプロジェクトは長期的に持続可能ではないと主張しています

秘密の鍵 – ベンチャーキャピタル
クリプトキティは今後のさらに成長することになります
バーチャル子猫のゲームの批判者の多くはプロジェクトの明るい面を見逃しているが
有名な投資家の中にはクリプトキティという形で潜在的に収益性の高いプロジェクトと判断しています
これらのうちの1つはAndressen HorowitzのEarn.com CEOでパートナーであるBalaji Srinivasanです
彼はこのゲームではブロックチェーン技術を使用して摩擦の少ないデジタル資産の取引を達成し
拡大縮小できることを示していますAndressen Horowitzはコインベースの初期投資家でした

Balajiによるとクリプトキティのメカニズムと技術を使用して
デジタルアセットをシームレスに交換することができます
ピアツーピアのデジタルエクスチェンジとして見るとクリプトキティゲームは
単純なグッズゲームよりも実用的です

これは分散型エクスチェンジがどのように動作すべきかの初期の例である可能性があります
中央集中型の交換所が直面する主要なリスクは中央集中型のインフラストラクチャを運用するため
壊滅的に失敗する可能性があることです

集中型取引所は規制当局の脅威や気まぐれに対しても脆弱であり
個人情報(KYC)とマネーロンダリング防止法と政策に準拠しなければなりません

結局本質的な価値は何でしょうか
これはおそらく暗号暗号市場が時間の経過とともに信用できなくなった主な概念の1つです
Bitcoinのような暗号通貨は価値が主観的であり特定の価値に本質的に価値があるとは言えない資産を示しています
クリプトキティプラットフォームでは他のデジタル現金と同様暗号の子猫の価値は
希少性によって決まります

クリプトキティの次は?
未来はクリプトキティにとって有望です。
最近の資金調達ラウンドの後プロジェクトはモバイルアプリケーションを立ち上げて
モバイルに向かう予定です
広報担当者によるとこのアプリケーションは10億人の顧客に到達するという目標を持って
チームを拡大してリーチするために資金を使います

著者:ANAHEIM

ICOとは?

ICOとは?

暗号通貨経済におけるIPOの様なものです。
IPOはこれまでの伝統的な経済における証券取引所上の新規株式公開ですが、ICO(Initial Coin Offering)は企業または、プロジェクトが自らのトークンやコイン(従来の金融市場における株式の様なもの)を発行し資金調達を行うプロセスです。

そして、そのトークンが暗号通貨取引所に上場されることで、ICOはクラウドファウンディングプロジェクトの役割を担いますので、自分の企業の歴史を始めるために利用され、購入者はそのプロジェクトをバックアップすることになります。

著者:ANAHEIM

SBIホールディングス・仮想通貨の暗号通貨取引所

SBIホールディングスは、XRPの世界的な流動性の高まりを背景に暗号通貨取引所を開始致します。


SBIホールディングス子会社であるSBI証券は、400万以上の仲介口座を持つ日本最大のオンライン証券会社となり、SBIバーチャル取引所は、1月30日にベータ版で公開されましたこの取引所は日本の機関投資家と個人投資家の両方に尊重され信頼できる場を提供するように設計されております。

日本におけるXRPの需要の増加と相まってXRPの強力なスケーラビリティで1秒間に1,500トランザクション処理します。
他のデジタル資産よりも速く安く拡張性が高くこれが世界標準となる様です。